next

NEWS

上映情報

■京都立誠シネマプロジェクトにて、今年も上映決定!
http://risseicinema.com/
12/19(土)〜12/28(月)
18:20〜20:45
12/26(土)の上映後、
監督:坂本あゆみ
主演女優:梅野渚
プロデューサー:谷中史幸
3名にて舞台挨拶。

 

■新文芸坐にて上映決定
http://www.shin-bungeiza.com
5/16(土)11:15〜/15:25〜/19:35〜
*3回上映です。

 

■高崎映画祭にて上映決定
http://takasaki.film.gunma.jp/
4/2(木)19:00〜
4/4(土)16:30〜
4/4(土)19:00〜坂本あゆみ監督 舞台挨拶

 

■アイルランド Japan Film Festivalにて上映決定
http://www.jff.ie/
開催期間:4/9(木)~4/23(木)

 

■フランスReflets du cinémaにて上映決定
http://www.atmospheres53.org/reflets.php?r=20
開催期間:3/17(火)〜3/31(火)

 

■神戸 元町映画館にて上映決定
http://www.motoei.com
3/7(土)〜3/13(金)19:30〜(終映22:00予定)
3/12(木)坂本あゆみ監督 舞台挨拶

 

■山口情報芸術センター[YCAM]にて上映決定
http://www.ycam.jp/cinema/
12/12(金)19:00
1/16(金)19:00

宮崎県・大分県・鹿児島県 上映情報

いよいよ「FORMA」が、11月15日から宮崎県・大分県・鹿児島県で上映です!
宮崎キネマ館さん、大分シネマ5さんでは、舞台挨拶に伺います。
九州の皆様、どうぞよろしくお願い致します!

■宮崎キネマ館
http://www.bunkahonpo.or.jp/cinema/index.htm
15日 18:45〜坂本あゆみ監督、松岡恵望子さん、田尻監督、カンパニー松尾監督、重田裕友樹さん舞台挨拶
16日 10:50〜上映
16日 13:20〜坂本あゆみ監督、松岡恵望子さん舞台挨拶&トーク

 

■大分シネマ5
http://cinema5.gr.jp/index.html
15日 20:15〜上映1週間限定
16日 18:00〜上映
16日 20:30〜坂本あゆみ監督、松岡恵望子さん舞台挨拶&トーク

 

■鹿児島天文館シネパラダイス
http://tenpara.com/index.html
15日〜21日まで、1日4回上映!
12:00〜、14:45〜、17:30〜、20:15〜

 

 

 

next

prev

next

prev

INTRODUCTION

24分間緊迫の長まわし。その結末とは…。

本作は、音楽や過激なカメラワークを一切用いず製作されたにも関わらず、一瞬たりとも目が離せない、不穏感たっぷりのサスペンスである。

リアリティのある演技、いくつにも張られた伏線、そして描きだされた人間の本性に最後まで目を覆わずに観る事が出来るだろうか。

next

prev

9年ぶりに再会した二人

9年ぶりに再会した二人

next

prev

STORY

ある日、金城綾子は同級生だった保坂由香里と再会する。
綾子は由香里を自分の会社に誘い、由香里は綾子の会社で働くようになる。
しかし、綾子は徐々に由香里に冷たくなり、奇妙な態度を取りはじめる。
次第に追いつめられる由香里。

綾子には、ある思いがあった。
積み重なった憎しみが、綾子の心の闇を深くする。
ある思いを確認するため、綾子は由香里を呼び出す。

交錯する、それぞれの思い…。

そして憎しみの連鎖は、どのような結末を迎えようとしているのか。



next

prev

絡み合う、心の闇

絡み合う、心の闇

next

prev

TRAILER

『FORMA』予告編
〜予告編〜

next

prev

少しずつ、何かが

少しずつ、何かが

next

prev

CAST

保坂由香里 / 松岡恵望子

保坂由香里 / 松岡恵望子

1984年生まれ。福岡県出身。
出演作に、『富江VS富江』(2007)、『陰日向に咲く』(2008)、『花より男子F』(2008)、『まぼろしの邪馬台国』(2008)、『蘇りの血』(2009)、『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』、『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』(2010)、『MONSTERSモンスターズ』(2014)他。本作は初主演作。

金城綾子 / 梅野 渚

金城綾子 / 梅野 渚

1980年生まれ。広島県出身。
前田弘二監督の短編映画『女』(2005)、『鵜野』(2005)、『先輩の女』(2008)に出演。2006年から劇団「オフィス3○○」の舞台に出演し、劇団員になる。退団後、吉田浩太監督『ソーローなんてくだらない』にヒロイン役で出演、本作『FORMA』にて主演。

長田修 / ノゾエ征爾

長田修 / ノゾエ征爾

1975年生まれ。岡山県出身。
劇作家、演出家、俳優。劇団はえぎわ主宰。2012年『◯◯トアル風景』で第56回岸田國士戯曲賞受賞。映画出演作に、『ウルトラミラクルラブストーリー』(2009)、『シーサイドモーテル』(2010)、『マイ・バック・ページ』(2011)、 『レオニー』(2011)、『TOKYOてやんでぃ』(2013)、ほか多数。

金城利隆 / 光石研

金城利隆 / 光石研

1961年生まれ。福岡県出身。
1978年『博多っ子純情』でデビュー。以降、多数の作品に出演。代表作に『Helpless』(1996)、『紀子の食卓』(2006)『あぜ道のダンディ』(2011)、『ヒミズ』(2012)、『アウトレイジ ビヨンド』(2012)、『共喰い』(2013)『家路』(2014)、『WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜』など。

next

prev

壊れてゆく

壊れてゆく

next

prev

COMMENT

見る者の感覚を揺さぶり、生活を揺さぶり、安穏とスクリーンの前にいることを揺さぶる。恐い映画。  —瀬々敬久 more..

女もまた監督である。坂本あゆみという新しい衝撃。  —矢田部吉彦 more..

激動の海外展開―映画が世界をはばいていく瞬間  —高松美由紀 more..

 

坂本あゆみは人々を夢中にさせ、記憶に残る妥協のないデビュー作を発表した。本作品は、今後の活躍を示唆している。 —Hollywood Reporter

国際映画批評家連盟の審査員は、作品のミニマリズムとシンプルなストーリー運びが大変効果的だったと述べるとともに、非常によく描けた脚本、演出、演技だったと評価。 —Screen International

度ならず二度のフラッシュバックが巧妙に構築されたサイコドラマだ!坂本あゆみ監督の、最も興味をそそられるデビュー作だ。—Film Business Asia

next

prev

next

prev

THEATER

上映情報

■京都立誠シネマプロジェクトにて、今年も上映決定!
http://risseicinema.com/
12/19(土)〜12/28(月)
18:20〜20:45
12/26(土)の上映後、
監督:坂本あゆみ
主演女優:梅野渚
プロデューサー:谷中史幸
3名にて舞台挨拶。

 

■新文芸坐にて上映決定
http://www.shin-bungeiza.com
5/16(土)11:15〜/15:25〜/19:35〜
*3回上映です。

 

■高崎映画祭にて上映決定
http://takasaki.film.gunma.jp/
4/2(木)19:00〜
4/4(土)16:30〜
4/4(土)19:00〜坂本あゆみ監督 舞台挨拶

 

■アイルランド Japan Film Festivalにて上映決定
http://www.jff.ie/
開催期間:4/9(木)~4/23(木)

 

■フランスReflets du cinémaにて上映決定
http://www.atmospheres53.org/reflets.php?r=20
開催期間:3/17(火)〜3/31(火)

 

■神戸 元町映画館にて上映決定
http://www.motoei.com
3/7(土)〜3/13(金)19:30〜(終映22:00予定)
3/12(木)坂本あゆみ監督 舞台挨拶

 

■山口情報芸術センター[YCAM]にて上映決定
http://www.ycam.jp/cinema/
12/12(金)19:00
1/16(金)19:00

 

 

 

 

next

prev

next

prev

FILM FESTIVAL

第26回東京国際映画祭2013 日本映画スプラッシュ部門 作品賞受賞
第64回ベルリン国際映画祭2014 フォーラム部門 国際映画批評家連盟賞受賞
第38回香港国際映画祭2014 ヤング・シネマ・コンペティション部門 スペシャルメンション
第19回ヴィルニウス国際映画祭(リトアニア)
ムーヴ映画祭(ベルギー)
チョンジュ国際映画祭(韓国)
サブヴァーシヴ映画祭(クロアチア)
日本コネクション(ドイツ)
クリティバ国際映画祭(ブラジル)
台北映画祭(台湾)

next

prev

next

prev

STAFF

坂本あゆみ
監督・原案 / 坂本あゆみ
熊本県出身。高校卒業後、映画監督を目指し上京。
塚本晋也監督の作品に多数参加し、演出・撮影・照明技術を学ぶ。その後、照明技師となり、様々な作品の光演出を手掛ける。
現在、映像作家として、ミュージックビデオやドキュメンタリー、ライブ、インスタレーションなどの映像を演出する。
本作が長編初監督作品。

プロデューサー / 谷中史幸
脚本 / 仁志原了
撮影監督 / 山田真也
録音 / 高橋勝
D.I.T/カラリスト / 五十嵐智史
ガファー / 竹本勝幸
キャスティング / 奏太(ジェラン)
字幕 / ロバート・ボールドウィン
助監督 / 山田晃年
制作 / 脇本真光
予告編音楽 / 杉本優
宣伝 / 株式会社Free Stone Productions
配給 / kukuru株式会社

next

prev

CONTACT

* 全て必須項目です。




next

prev